大会要項

開催日程

2020年8月16日(日)
※2020年8月15日(土)に練習会/代表者会議 兼 競技説明会


競技会場

北海道弟子屈町屈斜路湖「和琴半島OWS特設会場」

アクセス経路詳細


代表者会議 兼 競技説明会会場

川上郡弟子屈町屈斜路湖岬大会本部前

※雨天の場合 弟子屈町立和琴小学校体育館(弟子屈町字屈斜路260-1)

アクセス


種目/参加費/定員

種目部門参加費定員制限時間※3
400m 男女一般※1
小学生
一般:3000円
小学生:1500円
100名15分
800m 男女一般※1
中学生
一般:5000円
中学生:2500円
100名25分
1km 男女一般※1
中高生
一般:8000円
中高生:4000円
100名35分
5km 男女中学生以上一般:12000円
中高生:8000円
50名2時間10分
5km日本選手権トライアル 男女14歳以上※214歳以上:12000円50名2時間10分
※1 「一般」は中学生・高校生はエントリーできません。
※2 トライアル14歳以上は、大会開催年12月31日現在の満年齢とします。
※3 時間内にゴールできない場合は失格となります。


参加資格

(1) この競技は危険で過酷なレースであることを事前に了解してエントリーしてください。
(2) 参加種目の距離を制限時間内で完泳出来る泳力があり、定期的に水泳練習を行っている心身ともに健康な人でないと出場できません。
(3) 既住症(内臓疾患・心臓疾患・呼吸器疾患等)のある人は出場できません。その他大会実行委員会が不適当と認める人の出場も出来ません。
(4) 選手の健康を考え、前泊することを条件とします。ただし、近隣市町村で試合前日に十分睡眠が確保される場合は前泊条件にあたらないものとします。
(5) 未成年者は、保護者直筆の日付、署名入りの参加同意書を提出しなければなりません。


競技方法

(1) 日本選手権トライアルの部
①男女各1~3位に、日本選手権の参加資格が付与されます。
②日本選手権連盟の競技登録2020年度完了者でなくても出場できますが、参加資格を得たのち日本選手権に出場する場合には、競技者登録が必要になります。
③水着は、FINAマークの付いているものを着てください。
④ウェットスーツの着用は、FINAルールに従ってください。
(16℃~18℃未満=着用、18℃~20℃未満=任意、20℃以上=禁止)

(2) その他の部(一般・高校生・中学生・小学生)
①着用水着の制限はありません。
②水温が18℃未満の場合はウェットスーツを着用しなければなりませんが、それ以外は自由です。

(3) 日本水泳連盟のサーキットポイントは、一般の部を含めて5kmの完泳者に付与されます。

(4) 完泳者全員に完泳証を交付します。


表彰

各区分・男女各1~3位を表彰し、賞状を授与します。

400m(男・女)の部 一般、小学生 男女各1~3位 
800m(男・女)の部 一般、中学生 男女各1~3位
1km(男・女)の部 一般・中高生 男女各1~3位
5km(男・女)の部 中学生以上 男女各1~3位
5km(男・女)トライアルの部 14歳以上 男女各1~3位


完泳証

当日競技終了後、記録が確定した時点(異議申し立ての制限時間(30分)経過後)で、完泳された方全員に完泳証をお渡しします。
郵送希望のお申し出がない限り、当方からの郵送は致しません。
郵送のご希望は別途有料(1000円)にて賜ります。大会本部にお申し出ください。


スケジュール(8月15日大会前日)

11:30~13:00 練習会受付
12:00~14:00 練習会
14:30 代表者会議 兼 競技説明会 ※1
※1 必ず出席すること。やむを得ず欠席する場合は、代理人を出席させてください。


スケジュール(8月16日大会当日)

7:00~8:00 競技受付(全種目)
8:10 開会式
8:30~9:00 ウォーミングアップ(全種目)
9:00~9:20 1kmの部 招集
9:30 1kmの部 男子 スタート
9:32 1kmの部 女子 スタート
9:40~10:00 400m・800mの部 招集
10:00 1kmの部 表彰式
10:10 800mの部 男・女 スタート
10:12 400mの部 男・女 スタート
10:10~10:30 5km・トライアルの部 招集
10:30 400m・800mの部 表彰式
10:40 5km・トライアルの部 男子 スタート
10:42 5km・トライアルの部 女子 スタート
12:30 5km・トライアルの部 表彰式


受付(各種目共通)

受付は「受付用テント」で行います。
①提出する書類 ※大会当日の朝7時からの受付時に提出してください。
・参加申込書 1通
・誓約書 1通
・健康問診票 1通
・参加同意書(未成年者) 1通
②受け取る物
・ADカード ※常時首から下げ、外から見えるようにシャツの上に出してください。
・計測バンド(2個両手首着用・ADカードと同じ番号)
・スイミングキャップ ※油性マジックインクを使用し、両側横に参加番号を記入します。自分の両肩にも同じ番号を書いてください。
・大会プログラム
・参加賞


ウォーミングアップ(各種目共通)

①ウォーミングアップは、朝8時30分~9時の時間だけ許されています。
水温や水深、透明度、波の状態を確かめるため、全員が行ってください。
②着替えは、更衣用のテント(男女別)を利用してください。
③荷物は自己責任で保管し、紛失や取違えのないようにしてください。履物も同じです。


招集(各種目共通)

招集は「招集用テント」で行います。
①その種目の競技開始30分前から行っています。
②まず、ADカードを預けます。
③計測バンド・スイムキャップ・両肩を見せ、装着状況と番号の確認を受けてください。
④以上の物を紛失した場合は、競技会に出られないことになります。
⑤荷物は一切預からないので、自己責任で保管してください。


スタート

①1km
・競技開始5分前には、スタート付近の湖岸番号順に集合・整列し、審判長の指示を受けてください。
・スタート位置は、湖面に一直線上に張ったコースロープをスタートラインとします。
・審判長の合図で水に入り、コースロープの場所に行きます。
・着いたら、進行方向に向かって左側から番号順にコースロープを背にし、ロープに掴まって並び、スタートの合図を待ってください。
・女子は、男子の2分後にスタートしますので、男子がスタートしたら同じように並んでコースロープを掴んでください。
②400m・800m
・スタート位置が沖の方にズレます。整列は番号順です。
・湖の底に足が着かない人は、コースロープに掴まってください。
・800mが先にスタートし、2分後400mがスタートします。
・いずれも、男女同時です。
③5km・トライアル
・スタート方式は1kmと同じです。
・「日本選手権トライアルの部」の選手を最前列とし、複数列で並びます。


周回

①1㎞と5kmの競技は、1周500mのコースの各ターンブイを左回り(時計と反対)に周回します。
②400m・800mの競技は、湖岸沿いに一直線に張られたコースロープ(200m)を左に見て泳ぎターンブイを左回り(時計と反対)に回って戻ります。
③周回は、1周毎に湖上に設けた「周回板」の下を通過し、タイムチェック(ラップタイム)を受けます。
※タッチの必要はありませんが、手(計測バンド)は水面上に出してください。
④5kmはコースを10周、1kmは2周、800mは直線を2往復、400mは1往復します。
⑤5kmは最終周(10周)に入る先頭選手には、振鈴による合図を行います。


ゴール(各種目共通)

①各種目とも、規定の周回後湖岸に設けた「ゴールタッチ板」の下部を、左右どちらかの手の平でタッチして通過し、タイムチェック(ゴールタイム)を受けてください。
②空振りの場合は戻ってタッチしなければなりません。
③立ち止まってのタッチや歩いて戻ってのタッチを認めますが、他の選手の妨害をしないようにてください。
④ゴール後、競技役員から着順札を受け取って記録テントに行き、着順札と計測バンドを提出します。最後に、自分のADカードを受け取ってください。


エントリー

期間:未定


コース


その他

(1) このレースは、自然の中で行う競技のため、当日の天候や湖の状況によりコースや進行の時間が多少前後することがあります。競技時間等はあくまで参考時間となります。招集時間には余裕を持って会場までお越しください。
※天候や湖の状況により、同時開催のイベントが中止になる場合があります。

(2) この大会は「屈斜路湖OWS競技規則」に従って行います。

屈斜路湖OWS安全基準


必ず一読してください。


主催

第3回屈斜路湖オープンウォータースイミング大会実行委員会


共催

弟子屈町、北海道新聞社釧路支社、一般財団法人北海道水泳連盟


後援

公益財団法人日本水泳連盟、北海道、釧路市、釧路市体育協会、弟子屈町スポーツ協会、釧路水泳協会


協力

環境省阿寒摩周国立公園管理事務所、釧路北部消防事務組合弟子屈消防署、日本ライフセービング協会北海道支部、北海道水上安全赤十字奉仕団協議会